ページの先頭です
ここからメインメニュー
メインメニューここまで
ここから本文

経営理念/企業行動憲章/倫理行動規準

経営理念

わが社はプラント建設事業の意義と使命を自覚し積極進取の精神を基に社業の発展を図り、もって産業社会の繁栄に寄与することを念願する。

太平電業企業行動憲章

私たち太平電業グループは、太平電業株式会社の「プラント建設事業の意義と使命を自覚し積極進取の精神を基に社業の発展を図り、もって産業社会の繁栄に寄与することを念願する」という経営理念の下、関係法令等を遵守するとともに、高い倫理観と社会的良識をもって行動し、社会から信頼される企業づくりを目指します。
ここに達成のための企業行動憲章を定めます。

  1. 私たちは、顧客に対して社会的に有用で安全性の高い技能・技術を以ってサービスを提供し、満足と信頼獲得に努めます。
  2. 私たちは、すべての事業活動において、公正、透明かつ自由な競争に努めます。
  3. 私たちは、株主をはじめステークホルダーに対し誠実を貫き、迅速かつ的確な情報の開示を行い、説明責任を果たします。
  4. 私たちは、個人の人権と個性を尊重し、働きやすい職場環境をつくります。
  5. 私たちは、環境問題に配慮し、省エネルギー化・資源の有効利用・廃棄物の削減等に取り組み、事業活動の過程における環境負荷の低減に努めます。
  6. 私たちは、国・地域に対する理解に努め、その国・地域の社会規範・伝統文化・慣習を尊重し、「企業市民」として共存共栄の実を図ります。
  7. 私たちは、政治、行政、取引先等とは、健全かつ正常な関係を保ち、反社会的勢力及び団体に対し毅然とした態度で臨み、不当、不法な要求には一切応じません。

経営トップは、本憲章の実現が自らの役割であることを認識し、率先垂範のうえ、関係者への周知徹底と社内体制の整備を行うとともに、万一本憲章に反するような事態が発生した場合は、自らを含めた関係者の権限と責任を明確にし、原因究明、再発防止に努めます。

太平電業株式会社

太平電業倫理行動規準

第1章:総則

私たち太平電業グループは、「太平電業企業行動憲章」の精神に従い、「太平電業倫理行動規準」を制定します。
役員及び従業員は、この規準を遵守し、国内外の法令及び社会規範並びに会社規程・企業倫理に反しないように行動します

第2章:社会との関係

(責任と自覚)

2-1.
建設業法その他事業に関する法令を遵守し、許認可・届出等の手続を遺漏なく行います。
2-2.
地域社会および国際社会に貢献し、社会から信頼される行動をします。
2-3.
政治・行政との健全かつ正常な関係を保つとともに、反社会的勢力および団体に対し毅然とした態度で臨み、利益供与は行いません。
2-4.
環境に関する法令を遵守し、すべての事業活動のプロセスにおいて資源の有効利用・環境保全に努めます。
2-5.
輸出入の取引に際しては、外国為替及び外国貿易法その他関係法令を遵守し、定められた手続きに則って行動します。

第3章:株主、顧客、取引先等との関係

(情報の開示)

3-1.
株主、投資家等に対し、関係法令に基づき、企業情報を適時、正確に開示し、企業活動の透明性を高めます。
3-2.
未公表の会社情報に基づくインサイダー取引は行いません。

(工事の品質・安全)

3-3.
信頼性・品質の高いサービスを適正な価格で提供します。
3-4.
サービスにあたっては、安全を最優先とし、関係法令を遵守するとともに、事故・災害防止に努めます。万一、事故・災害が発生した場合は、迅速な救護と復旧ならびに再発防止対策を講じます。

(適正な取引)

3-5.
同業者との間では、法令に違反するおそれのある情報交換等の行為は行わず、市場において公正で自由な競争を行います。
3-6.
下請代金支払遅延等防止法その他関係法令を遵守し、優越的地位の濫用による支払遅延等の行為は行いません。

第4章:会社財産との関係

(会社資産の適切使用)

4-1.
会社の設備・備品・貸与品・金銭その他の財産は、毀損・紛失・盗難を防ぐよう適切に取扱い、業務の目的以外には使用しません。

(機密情報の管理)

4-2.
機密情報(他社含む)は厳重に管理し、在職中、退職後を問わず、許可なく第三者に開示したり、本来の目的以外には使用しません。

(個人情報の保護管理)

4-3.
プライバシーポリシーを遵守し、個人情報は適切かつ公正に取得、利用、管理(保有・廃棄)し、原則として本人の同意なく第三者への開示、本来の目的以外の利用は行いません。

(知的財産権の保護)

4-4.
知的財産権については、技術の開発とその権利化に努めるとともに、第三者の有する知的財産権を侵害するような行為は行わず、適切な利用と保全を図ります。

(情報システムの管理)

4-5.
会社の情報システムは、関係社内規程に従い、会社が認める業務のみ使用するとともに、情報管理システムへの不正侵入、データの改ざん・改変・破壊、コンピュータソフトの無断使用などの不正行為は行いません。

第5章:従業員との関係

(人権の尊重)

5-1.
個人の人権を尊重し、人種・国籍・信条・性別・年齢・障害等による差別やセクシャルハラスメント等の相手に不快感を与える言動や行為は行いません。

(職場環境づくり)

5-2.
労働関係法を遵守し、適切な労働管理と職場における安全と健康の確保に努め、働きやすい職場環境を実現します。
5-3.
業務や職場の課題について、問題意識を持ち、良好なコミュニケーションを通じて、速やかな課題解決を図ります。
付則
  1. 本規準に違反した場合は、就業規則に基づき、懲戒の対象とします。
  2. 本規準は、社会の情勢、社内の実態等を勘案し、必要に応じて見直し、太平電業株式会社取締役会の承認を得て改廃を行います。
本文ここまで

上へ