ページの先頭です
ここからメインメニュー
メインメニューここまで
ここから本文

情報セキュリティの取り組み

当社は、以下の情報セキュリティ・ポリシーを制定し、社内に情報管理規程を定め、電力プラントを中心としたプラント建設会社の使命を自覚し、従業員一人一人がCSRの一環として積極的に情報セキュリティに取り組んでおります。
お客様のプラント施設内を仕事場としており、お客様の施設で工事施工・管理、設計・検査情報を扱う者として、その情報の重要性を深く認識し、お客様の信頼を得られるよう常に努力を続けてまいります。

情報セキュリティ・ポリシー

私たち太平電業株式会社は総合プラント建設会社として、皆様に信頼される企業(お客様に喜ばれる企業)でありつづけたいとの考え方のもと、情報・ITに関連し、法律の定めに従うのはもとより、情報セキュリティの確保に努め、信頼される企業として社会の健全な発展に貢献してまいります。

  1. 基本方針
    急速に進む情報社会・環境に合わせ、当社は事業活動における情報セキュリティの重要性を深く認識し、適正かつ安全な企業運営のため、情報セキュリティの確保に努めてまいります。
  2. 社内体制
    情報管理体制を整備し、情報の紛失・改ざん・漏洩の防止や情報への不正なアクセス等の防止に向けた物理面・システム面での対策に取り組み、従業員への教育の徹底、協力企業・委託先への適切な監督等、常に情報保護における対応を続けていきます。
  3. お客様情報の保護
    受注産業として、当社の生業を良く理解し、お客様等からの情報を保護することは事業活動の基本であり、企業としての重要な社会的責任であることを役員・従業員全員は十分に認識し、特定個人情報等や個人情報保護等の関連法令を遵守するのはもとより、情報の保護に取り組みます。
  4. 職場環境における配慮
    建設会社として事業の場が広く、開放性が高い環境等に十分な配慮をし、社内のネットワーク利用等における電子データでの情報保護にも取り組みます。

2008年1月1日制定
2015年12月1日改定
太平電業株式会社

上へ

本文ここまで