ページの先頭です
ここからメインメニュー
メインメニューここまで
ここから本文

太平式クリンカ落とし工法

太平式クリンカ落とし工法は炉外から、のぞき窓(Φ120程度)やマンホールを使用し、炉内クリンカを除去する工法です。
停缶直後の高温、高熱、粉塵の舞う炉内に全く入ること無く、良環境の炉外からのみの作業で完結します。これによりクリンカ除去工程を早く行うことができ、安全に工事着手を早めることができます。

クリンカ除去装置図

以下の画像にマウスを合わせると拡大画像が表示されます

  • クリンカ除去装置図
  • クリンカ除去装置1
  • クリンカ除去装置2
  • クリンカ除去装置3
  • クリンカ除去装置4
本文ここまで

上へ