事業内容

火力発電

火力発電所工事は太平電業の原点です。1947年の創立以来、日本国内の大半の火力発電所の建設を手がけてまいりました。建設工事からメンテナンス、さらには解体工事までの一貫施工を可能とした独自の技術、工法、開発品(特許品)を積極的に導入し、スピード感を持ち、工程確保、低コストおよび信頼性の高い施工を実現しています。

業務内容

建設工事

品質・安全を第一に「お客さまに喜ばれる仕事」をモットーとし、石炭火力発電設備、高効率火力発電設備等の据付工事を独自の技術・工法および開発品(特許品)による施工を行い、お客さまの信頼を得ております。

  • 機械工事 ドラム吊揚げ

  • 電装工事 ケーブル布設

  • 土建工事
    コージェネ設備建屋/基礎工事

運転(O&M)

長年の間培ってきた工事施工の技術・経験を活かした運転・メンテナンスサービスを一体的に提供し、安定的な電力発電に貢献いたします。
詳細はこちら

保守・メンテナンス

電力の安定供給の為に、長年の経験によるメンテナンス技術・独自の工法、開発品(特許品)を活かした施工を行っています。

  • タービン点検 (翼間隙計測)

  • 発電機ローター点検

  • 計装機器調整

解体工事

建設工事のノウハウを活かし、独自の技術、工法、開発品(特許品)により、老朽化した発電所の解体工事に多くの実績を上げています。(ジャッキダウン工法による解体工事)