シビアな日々を乗り越えたところに
達成感と開放感が待っている。

施工管理(機械) 三村 慎太郎 SHINTARO MIMURA 2010年入社
photo

現在の仕事内容

火力発電所の建設現場で、ボイラの耐圧部据付工事の施工管理を担当。実作業を担当する協力会社と密に連携しながら、日々の作業の流れを考えるとともに、工事に関わる他社との作業内容や段取り調整を行う。また作業中は設備・現場の状況に目を光らせ、工事の安全や品質の確保に努める。

学生時代の専攻

機械工学を専攻し、「風車」や温度差をエネルギーに変換する「スターリングエンジン」の研究に取り組む。

三村のReal Story

周囲からの叱咤が
自分を鍛えてくれる

施工管理の仕事は、現場で働く協力会社の責任者と作業調整を行い、図面を事前に確認し、据え付け時の注意事項や間違えやすいポイントを伝えたりといったことを行います。

「実際に作業を担当する人にどれだけスムーズに動いてもらえるか」が、私にかかっているのですが、施工管理に求められる役目を全うすることは容易ではありません。特に、今回のような耐圧部の据付工事は経験が少ないということもあり、分からないことも多々あります。

私ひとりの知識やアイデアでは、決められた期日までに工事を完了することは非常に困難です。そのため先輩方や協力会社の方たちに、工事の進め方等についてのアドバイスをいただきながら多くのことを学び、吸収している最中です。

今はまだ、指示が曖昧になってしまうこともあり、現場サイドから叱咤されてしまうこともしばしば。「次はもっとスムーズに工事を管理することができるようにならなくては」と毎日向上心をもって勉強に励んでいます。

photo

「何もない状態」から
作りあげる喜びがある仕事

当社の工事には、既存のプラントをメンテナンスする、あるいはプラント自体の新規建設工事等、様々なタイプのものがあります。私の場合は主に、新規の建設工事の現場を経験してきているので、文字通り更地の「何もない状態」からの仕事がほとんど。

いったん工事が始まると、納期に間に合わせるために「仕事100%の毎日」が待っています。体力的にも、精神的にもシビアな日々が続くわけです。

しかしその代わりに、工事が完了して出来上がったプラントを見た時には、格別の達成感と解放感があります。これはどこの現場でも共通する喜びですが、これまでの達成感No.1を敢えてあげるとするなら、某発電所の建設工事での排気ダクト・HRSG(ガスタービン用排熱回収ボイラ)モジュールの据え付け作業でしょうか。
スケールも大きく、それまで経験した中でも一番の重量物でしたので、成し遂げた時の感激もひとしおでした。

photo

INDEX

太平電業の他の職種

  • 施工管理
    (電気計装)
    photo
  • 技術設計
    (工事計画)
    photo
  • 事務
    (一般職)
    photo
  • 安全管理photo
  • 品質管理photo
  • 放射線管理photo
  • 溶接photo
  • 車輛整備photo
  • 車両運転photo
  • 技能工photo
  • 発電所
    運転業務
    photo