自分の開発した工法で工事が進められていく、
その現場で働くことができる楽しさ。

技術設計 技術開発 神保 圭吾 KEIGO JINBO 2012年入社
photo

現在の仕事内容

工事の安全・品質向上やコスト・工程削減を目指し、新しい装置や工法の開発を行う技術開発課に所属。設計図作成や新工法の費用見積、新技術の試験など多岐にわたる業務を行う。試験データや工事実績データといったデータ分析をもとに、「より良い技術にする為には何が必要か」を考え、常に改善を続けていくことが求められる。

学生時代の専攻

材料工学を専攻し、電子セラミックスの物性メカニズムを研究する。そのミクロな世界とはまったく異なる分野での仕事であることに惹かれて太平電業に応募。

神保のReal Story

重量物を運搬、
据え付ける独自工法を担当

現在、当社独自のスイッチフレーム工法の計画・改善に取り組んでいます。この工法は、新たなフレームと太平ジャッキシステムを利用することで、従来まで別々に作業していた荷の吊り上げと搬送が一連の動作で行えるようになり、タービンや発電機等の重量物を安全に運搬して据え付けできるようにするものです。

私の具体的な業務内容としては、重量物を吊り上げるための架台の強度計算や計画図・製作図作成、現地工事の確認・データ分析など。また工事現場で多くの時間を過ごしますが、そこでは計画通りに工事が進むように、現場の監督や職人の方々と段取りを打合せしたり、結果を次回に活かすためにデータの取得にあたったりしています。

人・場所・重機・道具や工具など、調整しなくてはいけない項目が多く大変ですが、「自分で計画した工事が形になるのを見ることができる」という私にとって大きな楽しみがある仕事です。

photo

ガムシャラにぶつかることで
得られるものがある

スイッチフレーム工法には、まだ研究開発の段階だった頃から取り組んでおり、スイッチフレーム工法による第一回目の工事の計画担当者が私でした。まず初めに工事計画を立てた後、当社の埼玉工場でスイッチフレームの組み立て試験を行い、計画に不備が無いかを確認。その後、現地工事を行ったのですが、自分の立てた計画では上手く行かない部分も多く、現地の所長や担当の方には、多大な苦労を掛けてしまいました。

それでも、多くの方の協力で無事に工事を終えて、現地の方々からたくさんの労いの言葉をいただくことができました。あの時に込みあげてきた安堵感と達成感は今でも忘れられません。思い返すと、重量物の据え付け計画を作るのは初めてでしたし、架台や治具を設計なども分からないことばかりの状態。

でも、臆することなくガムシャラにぶつかっていった。だからこそ、完了後に得られた感動も大きく、また多くのことを学べたのではないかと思います。

photo

INDEX

太平電業の他の職種

  • 施工管理
    (電気計装)
    photo
  • 技術設計
    (工事計画)
    photo
  • 事務
    (一般職)
    photo
  • 安全管理photo
  • 品質管理photo
  • 放射線管理photo
  • 溶接photo
  • 車輛整備photo
  • 車両運転photo
  • 技能工photo
  • 発電所
    運転業務
    photo