図面通りに進めれば苦労なく工事が完了する、
そんな理想の工事計画が立てられるように。

技術設計 工事計画 堀井 花織 KAORI HORII 2013年入社
photo

現在の仕事内容

火力発電所の建設現場で、工事計画業務に携わっている。ガスタービンコンバインド方式による最新鋭の発電プラントの据付工事のうち、タービン側の補機(水を供給、循環させるポンプなど)の工事計画を担当する。プラント全体の工事計画にもとづき、補機据付工事のもととなる工事用図面を作成する他、必要となる資材の手配、工事の妨げとなる干渉物の撤去依頼などの準備を行う。

学生時代の専攻

機械工学を専攻し、福祉機器用の振動発電装置を研究する。小さい頃から機械好きで、「ものが実際にでき上がっていく場面に関わる仕事がしたい」と太平電業へ。

堀井のReal Story

周囲の先輩や協力会社の方たちに
支えられながら成長してきた

配属された当初は、わからないことだらけでした。発電プラント建設全体の進捗に伴って、日々変化する現場での工事を計画する業務というのはとても奥深いものだからです。

いつ自分の担当する工事を行うか?それまでにどんな資材が必要か?その時点で現場に工事の妨げとなるものはないか?など、いろいろな条件を取りまとめて、計画に落とし込まなくてはならないのですが、それを行うには、豊富な引き出し、つまり経験に基づいた判断が不可欠。キャリアの浅い私には、先輩や協力会社の方たちのアドバイスなしには困難です。

とはいえ、ほとんどが年齢の大きく離れた男性の皆さんですから、初めは躊躇がありました。でも、割り切って「すみません、まだよくわからないので、もう一度教えてもらいにきました」とぶち当たってみると、「なんだ。またあなたか」と言いながらも、丁寧に教えてくださる人ばかり。そうした皆さんに支えてもらいながら、少しずつ計画業務を身に着けてくることができました。

photo

目前に迫る山場を乗り切って
計画担当として次のステップへ

入社2年目に40tの燃料ガス装置の設置工事の計画を任されました。初の本格的な計画業務でしたから、手取り足取りの状態でしたが、自分なりに必死に計画を立て工事に臨みました。工事の当日、現場の監督と「この図面で大丈夫か」「はい、何度も検証しました」といったやりとりをしながら計画通りに装置を据付けることができた。あの時の喜びは、今でも鮮明に覚えています。

現在、私が担当するタービン関連の補機を集中的に据付けする期間が目前に迫っており、懸命に準備に取り組んでいます。全体の工事はまだまだ続きますが、私にとっては、一つの大きな山場。これを乗り切って、計画担当として次のステップを目指したいと思います。

当面の目標は、皆さんから「とてもやりやすい工事計画だね」と言われる仕事ができるようになること。私の図面通りに進めれば、苦労するポイントが一切なく工事が完了できる。そんな理想の計画が立てられるように、知識と経験を増やしていきたいですね。

photo

INDEX

太平電業の他の職種

  • 施工管理
    (電気計装)
    photo
  • 技術設計
    (工事計画)
    photo
  • 事務
    (一般職)
    photo
  • 安全管理photo
  • 品質管理photo
  • 放射線管理photo
  • 溶接photo
  • 車輛整備photo
  • 車両運転photo
  • 技能工photo
  • 発電所
    運転業務
    photo