事業内容

運転・保守・メンテナンス

定期検査工事、日常保守

定期検査工事では法律と経験を元にしたメンテナンス計画の提案と、日本全国にある拠点から豊富な人材の提供を行わせて頂きます。また定期検査工事と日常保守を合わせて行わせて頂くことにより、傾向管理や劣化予測を行い機器のトラブルによる計画外停止を少なくすることができます。

  • 制御盤目視点検

  • ポンプ振動測定

  • 計器類点検

運転業務 (O&M:オペレーション&メンテナンス)

定期検査工事、日常保守に加えて太平電業が運転業務も合わせて行います。メンテナンスとオペレーション間で情報共有を行い、安定した電力供給や、メンテナンスコストの低減を実現します。

長期保守契約 (LTSA)

保守業務を一定期間・一括で請け負う契約のことです。発電所の建設や保守などで70年にわたる豊富な実績とノウハウをもつ太平電業が、お客様のニーズに合わせて、定期検査工事から日常保守、長期保守計画まで発電所のライフサイクルを強力にサポートします。